尽くし過ぎるとうまくいかない

「私なんか」

「私かダメだったから」

この言葉が口ぐせの人がいました。最初から、自分はかわいくもないし、とりえがあるわけでもないから自信がない、とずっと言っていたのです。

悲しいかな、彼女は、その口ぐせのせいでネガティブオーラをまとっているように私には感じられました。

つき合う相手は、彼女を軽視する男性ばかり。それでも「私なんかとつき合ってくれているんだから」と尽くし続け、別れるとさらに「私かもっとがんばらなかったから……」とネガティブオーラを背負いこむ。そして、また近寄ってくるのは、女性を軽視する同しような男性……。

こうして、同じ悲劇をくり返していたのです。

あなたは、自分と交際する男性のことを大切にする自信がありますか?

おそらく大部分の人が「自信がある」、もしくは、「自信はないけれど、大切にしたいと思っている」と考えたと思います。

女性は愛する対象に対して、自然と精一杯の愛情を注ぐようにできているのです。

でも、実はこの「尽くす愛」には、少しやっかいなところがあります。

それは、大好きな彼のことを想うあまり、自分を犠牲にしてまで、相手に尽くしてしまうときがあることです。

男性は、努力せずとも自分の思い通りになる、自分のワガママをなんでも聞いてくれる女性のことを、遅かれ早かれ、大切には扱わなくなります。そして、人によっては、その扱いが暴力になっていくこともあるのです。

ここでの暴力は、体に対するもののみならず、精神的な暴力も含みます。

ひどいことを言ってあなたを傷つけることや、あなたのことをまったく考慮しない急な予定変更や呼びだし、また、思い通りにならないと毎回機嫌を損ねることなども、立派な精神的暴力です。

あなたが心を痛めることがあるなら、それは彼に傷つけられているにもかかわらず、自分を犠牲にして彼に尽くしている証拠です。

悲しいことに、こんなふうに自分を犠牲にしてでも男性に尽くそうとすればするほど、あなたは大切にされなくなります。

では、男性が大切にするのはどんな女性かというと、自分自身を愛し、大切にしている女性です。

自分を大切にしている女性は、その自信や魅力が全面に押しだされ、ポジティブオーラを発していますから、そばにいる男性も明るく楽しい気分になり、さらには「守ってあげたいな」と思えるのです。

「でも、私は自分のことも大切にしています」という大は、ちょっと自分の日常をふり返ってみてください。

楽しくなくても、人の目を気にしてつくり笑い。断れなくて、予定がある日も残業を頼まれてしまう……。これらは、自分を大切にしていない証拠です。

あなたの大切な人には、このようなことはできないはずだからです。

おいしいごはん、温かいお風呂、上質な洋服でもてなそうと思いますよね?ですから、まずは、大切な人にするように、自分自身にもやさしくしてあげましょ

それが彼から愛される女性になる第一歩です。

 

恋愛はバブル現象のようなもの

恋人がいる人へ3つの質問をします。簡単に頭の中で答えるだけでOKです。

Q1 いまの恋人を点数にすると100点満点のうち何点ですか?

Q2 いまの恋人を何年くらい好きでいられそうですか?

Q3 恋人の親から「息子(娘)と別れてくれ」と手切れ金を積まれたら、いくらで応じますか?

この質問を大学生を中心にしてみたところ、アンケートの結果は、Q1の平均点が91点、Q2は40%以上の男女が一生涯好きでいられる、Q3は平均約3000億円というものでした。

この結果をまとめると、いまの恋人は100点満点に近く、生涯その人を愛することができ、あり得ない大金を積まれても別れたくない、ということになります。実にうらやましいですね。

お互いがそう想い合っていれば、世の中から破局という言葉はなくなるでしょう。「若い」とはすばらしいことです。

このアンケート結果からわかるのは、一旦恋愛スイッチが入ってしまうと、その人がすべてとなってしまう感覚に陥るということです。

この結果からわかることは、恋愛中の男女の心の状況は陶酔しきった状態であり、感情のコントロールが効ず、周りが全く見えなくなってしまい、自分が現実の世界にいることを忘れてしまうのです。

恋愛は自分の感情も周りも見えなくなってしまう力がありますが、これは「恋愛バブル」といってしまっていいと思います。ぶくぶく膨らんだバブルが、いつか弾けてしまうことは、歴史が証明しています。

恋愛市場で「掘り出し物」を見つけたと思っても、単に自分でゲタを履かせている場合がほとんどなのかもしれません。

本当の価値に気づいたときに、「自分と釣り合いがとれている相手だ」と納得できないから、破局が訪れるのでしょう。大事なことは「一時の激しい感情に惑わされるな!」ということです。